食事制限と筋トレで効果的に痩せた→痩せにくい体になった話。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅で腕立て伏せとか筋トレをしながら、ダイエットに勤しむ方も多いと思います。

合わせて食事制限をすると効果的、という話もよく耳にしますが、ストイックにやりすぎた結果、痩せにくい体になってしまうこともあるんですね。

さじ加減が難しいところですが。

そんなこんなで、食事制限+筋トレで効果的に痩せたはずが、リバウンドしてしまい更に痩せにくい体になってしまった方のお話です。

食事制限と筋トレで効果的に痩せる?

食事制限と言われると、テレビでよくやってる

〇〇ダイエット

などが有名ですが、ここのところのダイエットブームでその方法も多岐にわたり、正直どうなんだ?と思う今日このごろです。

 

個人的には、なんのダイエットをするにしても、最終的には続けることさえできれば、みんな成功してしまうと思うんですよね。

それが、1週間やってみて、効果がなかったから

あれはガセネタだ!効果なんてないぞ!

とかいうクレームに似た、意見が出てくるという。。

そもそも、速攻で痩せる事自体無理があるので、気長にやってみればいいのになーとか思いつつそんな書き込みを見ています。

 

まあ、小言はさておき、食事制限と筋トレは一番効率的に痩せる方法だと思います。

筋トレをすることで、じっとしててもエネルギー消費をしてくれる「基礎代謝」の向上も見込めますし、主に脂質の摂取をへらすだけでも、効果は出てきます。

体質とかにもよりますが。

 

とはいえ、多くの痩せたい願望のある方であれば、筋トレ+食事制限のセットメニューは一番効率的な方法だと自分も思います。

 

食事制限と筋トレで超効率的に痩せたつもりが逆効果だった

で、ですね。知人で約30キロの減量に成功し・・・たんですが、数年後リバウンド。しかも、痩せづらい体になってしまったというお話です。

何事もストイックすぎるのも注意が必要なんだね、という感じで読んでもらえるとありがたいです。

 

過度な食事制限と筋トレで30キロの減量に成功

その方、もともとの体重は90キロほどだったんです。

しかも昔は、ただ喧嘩をしに隣町までいくというツワモノで、根性も座っている方でした。

そんな方でも、年齢の波には逆らえず、気づいたら運動などとは全くの無縁の40歳台。必然的に体重も増え、気づいたら90キロの大台に乗っていたらしいです。

 

健康診断の結果を見て愕然としたらしく、一念発起。食事制限と筋トレで痩せることを決意。

その内容は、ざっくりいうと

  • 炭水化物は一切取らない
  • 1日2時間程度の有酸素運動と軽めの筋トレ

という感じ。

炭水化物を取らないと、当然お腹がすくのも早いんですが、そこは持ち前の根性で乗り切り、食事制限と有酸素運動と筋トレを続けること数ヶ月。

90キロ(身長は170ちょい)あった当時は、見るからに「恰幅が良い」という表現にピッタリだった方なので、本気モードで初めたダイエットの効果は、それこそ1ヶ月足らずで見る見るうちに出始めていました。

そうして約1年後には、30キロの減量に成功。

服も軒並みサイズが合わなくなり、ニコニコしながら買い替えていたようです。また、90キロ当時着ていた服を見返しては、こんなに太ってたんだな・・と感慨深けでした。

 

ダイエットを終了し訪れたリバウンド・・・

さて、その後数年が経過し、しばらくは身軽な生活を送っていたようです。ところが、元々食べるのが好きな方なので、ちょっと油断して食べ初めました。

すると。

ご想像の通り、あっけなくリバウンドしてしまったんですね。。

買い替えた服は、きれなくなり、昔着ていた服は、処分したものがほとんど。

 

ときですでに遅し。

 

ですが、そこはやはり根性のある方なので、再びダイエットを決意しました。

 

(再)食事制限と筋トレでダイエット!のはずが・・・

やはり、スイッチが入ると、抜群のパワーを発揮する方なので、やると決めてからは、すごかったです。

とはいえ、流石に炭水化物抜きはきつかったらしく、体にも良くないという理由で、1日に食べる量を調整しつつ、運動などを継続。

 

ところが、数ヶ月続けても一向に減らない。

 

自分も自他ともに認める筋トレ大好き人間ということもあり、色々聞かれたんですが、原因ははっきりせず。

必要最小限の食事を取りつつ、数時間のウォーキングなど。

まあ、普通に考えて痩せないはずがないなーと思い、首をかしげてしまいました。

 

やりすぎ食事制限が原因で痩せない体に

別件で病院にいったそうです。

で、医者に相談したところ、こんな話になったとか。要点のみまとめると・・

  • 以前行った食事制限は極端過ぎた
  • 当時体はいわゆる「飢餓」のような状態
  • 体が次なる飢餓に備えて、常にエネルギーを蓄えるようになっている

言い方を変えれば、「省エネモード」という言い方もあるようですが、体の本能で、次に飢餓状態が来ても耐えうるように、常に準備している、という状態になっていたらしいんですね。

なので、少しの食事でも、一生懸命に体はエネルギーを蓄えようとするし、筋トレなどをすれば、とにかく最小のエネルギーで済むようになっていた、ということのようです。

 

そりゃ痩せませんね。こうなると、なかなかダイエットすること自体難しくなってしまうようです。

人の体ってよくできてますよね。うんうん。いわゆるアレルギー反応とも似ている感じもするし。

アレルギー反応について触れています→毎日続けられる腕立て伏せでは効果がない

まとめ

ということで、食事制限と筋トレで痩せにくい体になってしまった方のお話でした。

事実のみ書きましたが、要点としては

過度な食事制限やめたほうがいい

ということに尽きますかね^^;

 

極論ですが

消費するエネルギー>摂取カロリー

になればいいだけです。それがなかなか難しいところなんですけどね。。

ま、やりすぎはよくないよ、という話でした。

ではでは。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA